Apache HTTP ServerのSSL対応

動作確認済みシステム Debian 11

Apache HTTP ServerにSSL対応の設定を行い、HTTPSによる通信ができるようにします。

SSLモジュールとrewriteモジュールを有効化します。

a2enmod ssl
a2enmod rewrite

ApacheのSSLの設定ファイルを編集します。

vi /etc/apache2/mods-available/ssl.conf
<IfModule mod_ssl.c>
# 設定値を確認
SSLSessionCache shmcb:${APACHE_RUN_DIR}/ssl_scache(512000)
SSLSessionCacheTimeout 300

# 修正
SSLCipherSuite ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA256

# コメント解除
SSLHonorCipherOrder on

# 修正
SSLProtocol All -SSLv2 -SSLv3 -TLSv1

# 追記
SSLUseStapling On
SSLStaplingCache shmcb:/var/run/ssl_stapling(32768)
</IfModule>

サイトのSSLの設定を行います。

vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl.conf
<IfModule mod_ssl.c>
<VirtualHost _default_:443>
# 修正
ServerAdmin administrator@example.com

# 追記
Header set Strict-Transport-Security "max-age=31536000; includeSubDomains"

# 修正
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/example.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem

# 追記
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/example.com/chain.pem
</VirtualHost>
</IfModule>

サイトのSSLの設定を有効にします。

a2ensite default-ssl.conf

HTTPからHTTPSへのリダイレクトを行う場合は、以下の変更も行います。

vi /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
# 追記
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^/(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L] </VirtualHost>

設定に誤りがないか確認します。

apachectl configtest

「Action 'configtest' failed.」と表示された場合、問題があるということなので、設定を見直してください。

「Syntax OK」と表示された場合、問題がないことが確認できました。

TCP/443ポートの通信を許可します。

ufw allow 'WWW Secure'
ufw reload

apache2サービスを再起動します。

systemctl restart apache2.service

ブラウザでhttps://[IPアドレス]/にアクセスしてみて、画面が表示されれば、OKです!