ファイルの関連付けを解除する

ファイルをアプリケーションを選んで開くように設定することができる。しかし、誤って「常にこのアプリを使って .xxx ファイルを開く」にチェックを入れてしまい、下の画像のように、プログラムが関連付けられている状態になってしまい、関連付けを外したいこともあると思う。

その方法は2つあって、1つ目はレジストリをいじる方法である。しかし、この方法はリスクがあり、上級者でなければおすすめできない。

ここでは、もう1つの方法を説明する。

もし、ファイル名に拡張子が表示されていなければ、あらかじめ表示するようにしておく。

どこでもいいが、とりあえずデスクトップに新しいテキストドキュメントを作成する。

作成したファイルの名前を「any.bat」に変更する。「any」のところは何でも良いが、「.bat」は必要である。

関連付けを外したいファイルの関連付けを「any.bat」に変更する。

関連付けを外したいファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」を選択する。

「その他のアプリ」をクリック。

「このPCで別のアプリを探す」をクリック。

「any.bat」を選択する。

「any.bat」を選択して「開く」ボタンをクリックすると、以下のメッセージが表示されるので、「閉じる」ボタンをクリックする。

「any.bat」をゴミ箱に入れる。

コマンドプロンプトを「管理者として実行」する。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力する。=の後には半角スペースが必要であることに注意。

assoc .[拡張子]=

例えば、関連付けを戻したいファイルの拡張子が「.txt」ならば、以下のようにコマンドを実行する。

assoc .txt=

これで拡張子に関連付けがない状態になる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。