NTPで時刻合わせ

動作確認システム CentOS 8

CentOS 8でのNTPクライアントは、CentOS 7までのntpdに代わり、chronyが使われる。

以下のコマンドでchronyをインストールする。

dnf install chrony

設定ファイルを編集する

vi /etc/chrony.conf

#pool 2.centos.pool.ntp.org iburst
pool ntp1.jst.mfeed.ad.jp

chronydを自動起動する

systemctl enable --now chronyd

NTPStatを使うと、時刻同期の状況が分かりやすく確認できる。

dnf install ntpstat

時刻同期の状況を確認するには、ntpstatコマンドを使う

ntpstat
synchronised to NTP server (xxx.xxx.xxx.xxx) at stratum 3
   time correct to within 64783 ms
   polling server every 64 s
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。