Rubyのインストール

動作確認システム CentOS 8

リポジトリからのインストールrbenvでのインストール
CentOSのリポジトリにはRubyもあるので、dnfでインストールできる。ただし、バージョンは最新版ではないので、最新版を利用したい場合は、rbenvでインストールすることになる。

dnf install ruby
rbenvでruby-buildプラグインを使ってrubyをインストールする方法を説明する。

Gitのインストール

rbenvをインストールするために、Gitが必要なので、Gitをまずインストールする。

dnf install git

rbenvのインストール

rbenvのGitクローンを/usr/localに作成する。

cd /usr/local
git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git

以下の内容で、/etc/profile.d/rbenv.shを作成する。

vi /etc/profile.d/rbenv.sh

export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init -)"

visudo

Defaults    secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/rbenv/bin:/usr/local/rbenv/shims
Defaults    env_keep += "RBENV_ROOT"

下記コマンドで設定を再読み込みする。

exec $SHELL -l

rbenvのバージョンを確認する。

rbenv -v
rbenv 1.1.2-36-g60c9339

ruby-buildのインストール

/usr/local/rbenvの中にpluginsディレクトリを作成する。

mkdir -p /usr/local/rbenv/plugins

rbenvのプラグインであるruby-buildのGitクローンを作成する。

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build

Rubyのインストールに必要なパッケージのインストール

dnf install bzip2 gcc make openssl-devel readline-devel zlib-devel

Rubyのインストール

Rubyの利用可能なバージョン一覧を確認する。

rbenv install --list
2.5.8
2.6.6
2.7.2
jruby-9.2.13.0
maglev-1.0.0
mruby-2.1.2
rbx-5.0
truffleruby-20.2.0
truffleruby+graalvm-20.2.0

Only latest stable releases for each Ruby implementation are shown.
Use 'rbenv install --list-all' to show all local versions.

rubyを、バージョンを指定してインストールする。

rbenv install 2.7.2

以下のコマンドで、インストールされているRubyバージョン一覧を確認する。

rbenv versions
  2.7.2

システム全体で使用するRubyのバージョンを設定する。ディレクトリ単位で使用するバージョンを指定する場合は、globalの代わりにlocalを使用する。

rbenv global 2.7.2

Rubyのバージョンが設定されたことを確認する。

ruby -v
ruby 2.7.2p137 (2020-10-01 revision 5445e04352) [x86_64-linux]

rbenvの更新

rbenvを更新するには、Gitリポジトリからプルする。

git -C ~/.rbenv pull

ruby-buildの更新

ruby-buildを更新するには、Gitリポジトリからプルする

git -C ~/.rbenv/plugins/ruby-build pull

Rubyのアンインストール

Rubyのインストールされているバージョンを指定してアンインストールするには、以下のようにする。

rbenv uninstall 2.7.2
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。