OpenJDKをインストールする(Linux)

動作確認システム CentOS 8

OpenJDK 11をインストールする方法を解説する。

JRE( Java Runtime Environment )のみで良ければjava-11-openjdkのみ、コンパイラーも必要ならばjava-11-openjdk-develもインストールする。

dnf install java-11-openjdk java-11-openjdk-devel

環境変数にJAVA_HOMEとPATHを設定する。

cat > /etc/profile.d/java.sh << 'EOF'
> export JAVA_HOME=$(dirname $(dirname $(readlink $(readlink $(which java)))))
> export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
> EOF
source /etc/profile.d/java.sh

環境変数に設定できているかを確認する。

echo $JAVA_HOME
/usr/lib/jvm/java-11-openjdk-11.0.5.10-2.el8_1.x86_64
echo $PATH
/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin:/usr/lib/jvm/java-11-openjdk-11.0.5.10-2.el8_1.x86_64/bin

Java のバージョンをチェックして、インストールできていることを確認する。

java -version
openjdk version "11.0.5" 2019-10-15 LTS
OpenJDK Runtime Environment 18.9 (build 11.0.5+10-LTS)
OpenJDK 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.5+10-LTS, mixed mode, sharing)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。