Finderで隠しファイルの表示切り替え

ファイルには、通常表示されているファイルの他に、ファイル名の先頭にドット(.)の付いた、不可視ファイル・ドットファイルもある。例えば、bashの設定ファイル(.bashrc、.bash_profile)やApacheの制御ファイル(.htaccess)などがある。 Finderのデフォルト設定では、隠しファイルは非表示になっている。表示・非表示を切り替えるには、ターミナルからコマンドを叩く必要がある。 defaultsで設定ファイルに設定を書き込んだあと、killallでFinderを再起動することで設定が反映される。

表示設定

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
killall Finder

非表示設定

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
killall Finder
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。