NTPで時刻合わせ

動作確認システム CentOS 6/CentOS 7

NTPdをインストールすることで、NTPサーバと時刻を同期することができる。 yumでNTPdをインストールする。

yum -y install ntp

ntp.confを編集して設定する。

vi /etc/ntp.conf
#時刻の同期先サーバを変更
#server 0.rhel.pool.ntp.org
#server 1.rhel.pool.ntp.org
#server 2.rhel.pool.ntp.org
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

サービスを起動する。 CentOS 6の場合

service ntpd restart
chkconfig ntpd on

CentOS 7の場合

systemctl start ntpd
systemctl enable ntpd

CentOS 7では、Firewalldを有効にしている場合、ポート開放の設定を行う。

firewall-cmd --add-service=ntp --permanent
success
firewall-cmd --reload
success

動作確認をしておく。以下のように返ってきたらOK。

ntpq -p
    remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
====================================================
*ntp1.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u    7   64    1    1.824   -0.187   0.000
 ntp2.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u    6   64    1    1.528    0.051   0.000
 ntp3.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u    5   64    1    1.565    0.905   0.000
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。