サスペンドを無効にする

動作確認システム CentOS 7

サーバのテスト環境の構築のために、ノートPCにCentOSをインストールすることもある。その場合、蓋を閉じたりしてサスペンドさせたくない。

設定

viで設定ファイルを開く。

vi /etc/systemd/logind.conf

以下のように編集する。

#HandleSuspendKey=suspend
#HandleHibernateKey=hibernate
#HandleLidSwitch=suspend
HandleSuspendKey=ignore
HandleHibernateKey=ignore
HandleLidSwitch=ignore

設定を反映させる。

systemctl restart systemd-logind.service
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。