CLIでWi-Fiに接続する

動作確認システム Raspbian Stretch (Debian系)

無線LANをコマンドで接続する方法を説明する。

まず、SSIDリストを取得する。

sudo iwlist wlan0 scan

SSIDだけでなく、他の情報も一緒に表示されてしまうため、SSIDだけのリストを見たい場合は、次のようにする

sudo iwlist wlan0 scan | grep "ESSID"

wpa-supplicantの設定ファイルをviで開く

sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

最終行に、以下のように追記する

network={
	ssid="SSID"
	psk="WiFiパスワード"
	key_mgmt="認証方式"
}

認証方式には、WPA-PSKやWPA2-PSKがある。

最後に、再起動する。

sudo reboot

ifconfigで無線LANのところにIPアドレスが出ていれば、接続に成功している。もししていなければ、SSIDやパスワード、認証方式に誤りがないか確認する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。