yumリポジトリの追加

動作確認システム CentOS 6/CentOS 7

yumのリポジトリには、デフォルトの他に、EPEL、Remi、IUSなどが存在する。 ここでは、EPEL、Remi、IUSの追加方法を記載する。

EPEL

CentOS 7 x86_64

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/e/epel-release-7-11.noarch.rpm

CentOS 6 i386

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/Packages/e/epel-release-6-8.noarch.rpm

CentOS 6 x86_64

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/Packages/e/epel-release-6-8.noarch.rpm

「enable = 0」の状態で上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

yum --enablerepo=epel install [パッケージ名]

Remi

CentOS 7

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

CentOS 6

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

「enable = 0」の状態で上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

yum --enablerepo=remi install [パッケージ名]

remiには、通常のremi-safeだけでなく、remi-php56などいくつものリポジトリもある。

IUS

CentOS 7

rpm -Uvh https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

CentOS 6

rpm -Uvh https://centos6.iuscommunity.org/ius-release.rpm

「enable = 0」の状態で上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

yum --enablerepo=ius install [パッケージ名]
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。