Steve Jobs

Steven Paul Jobs(スティーブン・ポール・ジョブズ、1955年2月24日-2011年10月5日)は、アップル社の創業者の一人である。

略歴

1976年、スティーブ・ウォズニアックとともに初期のホームコンピュータ「Apple I」「Apple II」を開発し、アップル社を設立。自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表する企業としてサクセスストーリーを築いた。1980年の株式公開で2億ドルもの巨額を手中にし、25歳でフォーブズの長者番付、27歳でタイムの表紙を飾った。

1984年、アップル社はグラフィカルインタフェースを搭載したMacintoshを発売した。しかし、自身の立ち居振る舞いが社内を混乱させたとして、1985年にスティーブ・ジョブスがアップル社を追放される。 アップル退職後、ルーカス・フィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収し、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また、NeXT Computerを設立し、NeXTワークステーションとオペレーションシステム(OS)のNEXTSTEPを開発した。

1996年、事業不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時にアップル社に復帰、1997年には暫定CEOとなる。当時、ライバルとされていたMicrosoftとの提携と同社からの支援を得ることに成功し、社内ではリストラを進めて、アップル社の業績を回復させた。

2000年、正式にCEOに就任。2001年から2003年にかけ、MacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xに切り替える。その後は、iPod、iPhone、iPadを発売し、当社の業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電、メディア配信へと拡大。

2011年10月5日、アップル社はスティーブ・ジョブスが死去したと発表。享年56歳。 2012年2月11日、第54回グラミー賞で特別賞の一つである「トラスティーズ賞」が授与された。