iOS/iPadOSにおけるセキュリティ

iOS/iPadOS向けのセキュリティアプリとして、以下がでている。

  • トレンドマイクロ ウイルスバスターモバイル
  • マカフィー モバイルセキュリティ
  • ノートン モバイルセキュリティ

しかし、これらにはウイルス・マルウェアチェック機能は入っていない。
それどころか、iOS/iPadOSにおいては、ウイルスに対して怖がる必要はない。

その理由を以下に説明する。

1. 事前審査のApp Store

iOS/iPadOSのApp Storeに出ているアプリは、すべて事前に審査されて通ったものだ。
App Store Reviewガイドラインの中に以下のように記載されている。

2.5.3 プッシュ通知やGame Centerを含むオペレーティングシステムの通常動作およびハードウェアの機能を損傷または妨害するウイルス、ファイル、コンピュータコード、プログラムを送信するAppは却下されます。

もしアプリにウイルスが見つかれば、審査に通らず、App Storeにも出てこない。

2. サンドボックス

iOS/iPadOSにはサンドボックス構造が採用されていて、サンドボックスの内側の動作が外側に影響を与えないようになっている。
また、サンドボックスの内側で動作しているアプリから外側にあるデータにアクセスすことができない。
このため、ウイルスがアプリの外側に悪影響を及ぼすことはない。また、アプリにウイルスチェック機能を実装することもできない。

以上の理由により、iOSでウイルスに感染することは通常ない。しかし、OSのプロテクトを破るJailbreak(脱獄)をしていれば、感染する可能性はある。Jailbreakを行うと、セキュリティが弱まり、Appが許可していないAppをインストールできるようになるためだ。

これは理由とは異なるが、iOS/iPadOS向けアプリはウイルス・マルウェアチェック機能を実装している、と説明することはできない。それは、ガイドラインに以下のように記載されているからだ。

2.3.1 Appに隠し機能または提示していない機能を含めないでください。ユーザーもApp ReviewチームもAppの機能をはっきりと理解する必要があります。同様に、実際には提供されないコンテンツやサービス(iOSベースのウイルスチェックツールやマルウェアチェックツールなど)がAppに含まれているかのように表示して、App Storeまたはオフラインで販売することは許可されません。

iOSデバイスでウイルス・マルウェアの感染を心配する必要はないし、ウイルス・マルウェアチェックツールを入れる必要もないが、以下の対策は取るべきだろう。

・iOS、アプリを最新版に保つ。
・Jailbreak(脱獄)を行わない。
・PC・Macに接続する場合は、PC・Macも最新版に保ち、セキュリティ対策を行う。
・信頼できないWi-Fiに接続しない。
・不審なアプリ、プロファイルをインストールしない。

【参考リンク】
App Store Reviewガイドライン
https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/

(9/25更新)Appleの今後の予定

現地時間の9月10日にAppleの新サービス、新製品発表が行われたので、Appleの今後の予定をまとめた。
日本時間であれば以下の通りのはずだが、新しい情報があれば更新していく。

(9/22更新)
iOS 13.1、iPadOSの正式リリース日が早まり、9月25日に変更されていたので、更新。

(9/25更新)
tvOS 13もリリースされていたので、更新。

  • 9月11日
    • 10.2inch iPad、Apple Watch Series 5 予約受付開始
  • 9月13日 午後9時
    • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max 予約受付開始
  • 9月20日
    • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、Apple Watch Series 5 発売
    • iOS 13 正式リリース
    • Apple Arcade 提供開始
    • Apple Watch Series 3以降に対してwatchOS 6 正式リリース
  • 9月25日
    • iOS 13.1 正式リリース
    • iPadOS 正式リリース
    • tvOS 13 正式リリース
  • 9月30日
    • 10.2inch iPad 発売
  • 10月1日
    • iOS 13.1 正式リリース
    • iPadOS 正式リリース
    • tvOS 13 正式リリース
  • 10月中
    • macOS 10.15 Catalina 正式リリース
  • 11月1日
    • Apple TV+ 提供開始
  • 今秋中
    • Apple Watch Series 1/2に対してwatchOS 6 正式リリース

Apple発表 「iPhone 11」「10.2inch iPad」「Apple Watch Series 5」など

現地時間2019年9月10日、Appleの発表が行われ、新サービス「Apple Arcade」「Apple TV+」、新製品「10.2inch iPad」「Apple Watch Series 5」「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表された。また、「Apple Fifth Avenue」のリニューアルオープンも発表された。
AppleのWebサイトも更新され、「iPadOS」「iOS 13」「watchOS 6」のリリース日が明らかになった。

Apple Arcade


定額ゲームサービス。
9月19日から150カ国で展開。
サービス開始時点で100タイトルが提供される。
月額$4.99、最初の1ヶ月は無料でトライアル可能。

Apple TV+


定額制ストリーミングサービスで、様々な作品や番組が配信される。
サービス開始当初は100以上のタイトルが提供される。
デバイスにダウンロードしてオフラインでも視聴可能。
11月1日から提供開始、月額$4.99。日本では月額\600。
本日以降Apple TV、Mac、iPhoneを購入したユーザは一年間無料で利用可能。

10.2inch iPad


Smart Keyboard、Apple Pencil対応。
A10 Fusionチップ搭載。
ストレージ容量は32GBと128GB。
価格は、$329から。
日本ではWi-Fiモデルが\34,800(税別)~、Cellularモデルが\49,800(税別)~。
今日から予約受付、9月末発売。

Apple Watch Series 5


チタンとセラミックモデルが追加。
ディスプレイはスリープせず、常時点灯。Retina Display。
ディスプレイの明るさが自動調整される。
バッテリー駆動時間は前モデルと同じく18時間。
価格は、GPSモデルが$399~、Cellularモデルが$499~。
日本ではGPSモデルが$42,800(税別)~、Cellularモデルが\53,800(税別)~。
今日から予約受付、9月20日から発売。

Apple Watch Series3は値下がりし199ドルからで併売。

iPhone 11


カラーバリエーションは、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT)RED、ホワイトの6色展開。
ディスプレイは、6.1 inch Liquid Retina Display。
12MP広角、12MP超広角を組み合わせた2眼カメラ。
スローモーションセルフィーに対応。
A13 Bionic。CPU、GPUともにこれまでのスマートフォンの中で最も速いとのこと。
バッテリー駆動時間は、iPhone XRよりも1時間延びる。
ストレージ容量は、64GB、128GB、256GB。
価格は、$699~。日本では\74,800(税別)~。
金曜日から予約受付、9月20日から発売。

iPhone 11 Pro/Pro Max


カラーバリエーションは、ゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4色展開。
ディスプレイは、5.8inchと6.5inchの有機EL Super Retina XDR Display。
12MP広角、12MP超広角、12MP望遠を組み合わせた3眼カメラ。
A13 Bionic搭載。
バッテリー駆動時間は、iPhone 11 ProはiPhone Xsに比べ4時間伸び、iPhone 11 Pro MaxはiPhone Xs Maxに比べ5時間延びる。
高速充電に対応。
ストレージ容量は、64GB、256GB、512GB。
iPhone 11 Proは$999~。日本では\106,800(税別)~。
iPhone 11 Pro Maxは$1,099~。日本では\119,800(税別)~。
金曜日から予約受付、9月20日から発売。

Apple Fifth Avenue

ニューヨークにある「Apple Fifth Avenue」が9月20日にリニューアルオープン。

iPadOS


9月30日に正式リリース。無料。
対応モデルは、「iPad Air 2」以降、すべての「iPad Pro」、「iPad (第5世代)」以降、「iPad mini 4」以降。

iOS 13


9月19日に正式リリース。
対応モデルは、「iPhone SE」「iPhone 6s」以降、「iPod touch(第7世代)」。

watchOS 6


9月19日に、Apple Watch Series 3以降に向けて正式リリース。
Apple Watch Series 1/2に対しては今秋中にリリースするとのこと。