Internet Explorerは過去のもの

Internet Explorer(以下、IE)が過去のものとなりつつある。

マイクロソフトが、旧式のウェブブラウザーInternet Explorer(IE)を使い続けるのは危険だとして、その使用をやめ、最新のブラウザーを使用するようもとめています。

https://japanese.engadget.com/2019/02/08/internet-explorer-ie/

Web開発者で嫌う人は多いであろう、IE。筆者もWindowsを使うときはIEではなくFirefoxやChromeを使うようにしている。

Web開発者がIEをなぜ嫌っているかというと、他のブラウザでも使えるように標準規格に合わせて開発したのにIEでデザインが崩れたり、IEにしかない独自仕様を追加したりとかしていた。かといっても、最大のシェアを持っているために無視もできない。この点でWeb開発者はIEにイライラしていただろう。自分もイライラしていた。

Microsoft社がIEを使わないように呼びかけているのは、セキュリティが関係している。

IEの最新バージョンは11であり、今から約5年前の2013年10月17日にリリースされたものだ。IEの開発はすでに停止されている。サポートはまだ継続しているが、これも将来停止されるだろう。

サポートが停止される、ということは修正パッチが提供されなくなる、ということであり、セキュリティ的に問題になる。業務アプリケーションなどで未だにIEを利用しているのは、楽に移行しようとしているだけで、将来的には危険な行為であると認識すべきだろう。

Microsoft社は、現在はブラウザとしてはEdgeを開発している。先日、EdgeをChromiumベースへ移行させる、というニュースもあった。

利用者の大部分はセキュリティ的に危険、というイメージができないのではないだろうか、と思っている。そのような方々がブラウザを移行する明確なきっかけとして、「古いブラウザには対応しなくなる」ようにした方が良いと考えている。

今後のWeb開発のターゲットとしては、IEを切り捨て、EdgeやChrome、Firefoxなどに対応できるよう標準規格に合わせて開発すべきだろう。

IEの時代の終わりが近づいている、ということを認識すべきである。

Officeの選び方

1月22日、MicrosoftからOffice 2019が一般向けにも発売された。Officeといえば、Office 365もある。

Officeには家庭向けと一般法人向けがあるが、ここでは家庭向けに絞って、どういう違いがあるのかを解説したい。

まずは、簡単に違いを表にまとめた。

 Office 365 SoloOffice Home & Bussiness 2019Office Personal 2019
ライセンスサブスクリプション永続ライセンス永続ライセンス
価格¥12,744/年¥37,584¥32,184
更新常に最新バージョンに更新可能なしなし
利用可能なデバイスWindows、Mac、iOS、Androidで 無制限にインストール可能 (同時利用は5台まで)2台のWindowsまたはMac2台のWindowsまたはMac
含まれるアプリ、サービスWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
OneDrive
Skype
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Word
Excel
Outlook

Office 365とOffice 2019で大きな違いが3つある。

1. ライセンスの違い

Office 365はサブスクリプション ライセンスであり、毎年お金を支払って利用するタイプであり、常に最新バージョンを利用することができる。

Office 2019は永続ライセンスであり、1回支払ったらずっと使えるタイプである。ずっと、と言ってもセキュリティの問題から本当に永久的に使えるものではない。2019の次のバージョンが出たら、何年かでサポートが打ち切りられ、更新パッチも提供されなくなる。そのため、次のバージョンが出て、その最新機能を使いたいと思ったら、改めて支払う必要がある。

常に最新のものを使いたい人やセキュリティが木になる人はOffice 365を選択すべきだろう。

2. 使用できるデバイスの違い

Office 365はWindows、MacだけでなくiOSやAndroidにも台数無制限でインストール可能であり、5台まで同時に利用することができる。例えば、外出していて、ドキュメントを修正したい、というときにスマートフォンやタブレットを持っていれば修正することができてしまう。

Office 2019はiOSやAndroidには対応しておらず、Windows、Macへのインストール可能台数も2台までだ。

スマートフォンやタブレットにインストールしたい場合や3台以上のデバイスにインストールしたい場合はOffice 365を選択すべきだろう。

3. 利用できるアプリの違い

PublisherやAccessはOffice 365でしか対応していない。また、OneDriveの1TBオンラインストレージやSkypeの1ヶ月あたり60分間の携帯電話や固定電話への無料通話もOffice 365にしかない。

PublisherやAccessが必要、という人はOffice 365を選択すべきだろう。

以上をまとめると、Office 365を選ぶべき人は以下の条件になるだろう。

  • 常に最新バージョンを使いたい人
  • タブレットやスマートフォンでも使いたい人
  • 3台以上のデバイスにインストールしたい人
  • Publisher、Accessを使いたい人

Macを選ぶ理由

パソコンを選ぶ際、真っ先に検討するのはWindowsかMacかという人が多いと思う。筆者の私は、Mac→Windows→Macという流れで使ってきている。

そこで、Macを選ぶ理由を以下に挙げてみた。
Apple信者の激しい主張となっている部分があるような気もするが。

オシャレで美しいから

Appleは、洗練されたデザインを採用している。
それは購入してすぐに見ることができる。そう、箱だ。箱の外観の時点でもう美しい。
箱を開けるとすぐに製品が現れる。それと対面した時の感動と言ったら!ここまで与えてくれる製品は少ない。箱が単なる包装ではなく、ユーザー体験に寄与している。
デザインの美しさはMacBook Proの裏面にも見ることができる。一般的なノートパソコンは、裏蓋に穴が空いていたり、ネジが見えたり、何かしらの表示が目立つようにあったりする。しかし、MacBook Proは穴が一切なく、ネジも必要最小限となっている。表示も、Designed by Apple in Californiaで始まる文言と、法律上必要なマークが裏蓋の上部にあるだけで他は一切ない。だから、ハードウェアが美しく見えるのだ。

MacBookのトラックパッドで快適に操作できるから

トラックパッドはマルチタッチジェスチャーに対応しており、戻る、進む、拡大などの場面において指で便利に操作することができる。スクロールも、自然な向きでできるようになっている。クリック、右クリックは、Windowsだとトラックパッドの下に配置されているボタンで行うが、Macではトラックパッドのどこでもクリックできる。Macでは、トラックパッドで快適に操作することができるようになっている。

iOSデバイスを使っているから

Appleは、Macだけでなく、iPhone、iPadなども作っている。それらはもちろん単体でも使うことができるが、Macと連携して使うこともできる。例えば、iPhoneで見ていたWebページをMacで開く、MacでコピーしたテキストをiPhoneでペーストする、など。それはAppleがハードウェアもソフトウェアも作っているからできることなのだ。

同一デバイス上でWindowsも動かせるから

macOSは、ライセンス上、Appleのハードウェア以外では動かすことは禁じられており、Windowsマシンの上でmacOSを使うことができない。Hackintoshという、WindowsマシンでmacOSを動かす方法があるが、非公式であり、そもそもライセンスに違反するので、オススメしない。
ライセンスを遵守した上でmacOSもWindowsも使いたいときは、まずハードウェアがMacであることが必要である。Macの中でWindowsを動かす方法としては、Apple公式のBoot Campを使ってデュアルブートを実現する方法、仮想マシン(Parallels Desktop for macやVMWare Fusion)を構築してインストールする方法がある。そのため、macOSでしかないこと、Windowsでしかできないことがあっても、Macであれば、デュアルブートや仮想マシンによって両方ともできるのである。
筆者としては、仮想マシンを使った方法をオススメする。macOSの中でWindowsを動かしているので、同時に起動して使うことができるからである。

Mac1台だけで幅広い開発を行うことができるから

iOSアプリを作るためには、最近はWindowsのXamarinで開発する方法はあるものの、基本的にXCodeが必要である。そのXCodeは、macOS向けしか提供されていない。そのため、iOSアプリの開発者はMacが必須である。
さらに、上記のようにWindowsも動かすことができ、また仮想マシンでLinuxを動かすこともできるので、Mac1台だけでMacアプリ、iOSアプリ、Windowsアプリ、Androidアプリ、Linuxアプリ、Webアプリなど、幅広く開発を行うことができる。

以上、Macを選ぶ理由を5個挙げてみた。
Macはデザイナーが使っている、というイメージが強いのだが、プログラミングをする人にもMacがオススメだと思う。