iOS/iPadOSにおけるセキュリティ

iOS/iPadOS向けのセキュリティアプリとして、以下がでている。

  • トレンドマイクロ ウイルスバスターモバイル
  • マカフィー モバイルセキュリティ
  • ノートン モバイルセキュリティ

しかし、これらにはウイルス・マルウェアチェック機能は入っていない。
それどころか、iOS/iPadOSにおいては、ウイルスに対して怖がる必要はない。

その理由を以下に説明する。

1. 事前審査のApp Store

iOS/iPadOSのApp Storeに出ているアプリは、すべて事前に審査されて通ったものだ。
App Store Reviewガイドラインの中に以下のように記載されている。

2.5.3 プッシュ通知やGame Centerを含むオペレーティングシステムの通常動作およびハードウェアの機能を損傷または妨害するウイルス、ファイル、コンピュータコード、プログラムを送信するAppは却下されます。

もしアプリにウイルスが見つかれば、審査に通らず、App Storeにも出てこない。

2. サンドボックス

iOS/iPadOSにはサンドボックス構造が採用されていて、サンドボックスの内側の動作が外側に影響を与えないようになっている。
また、サンドボックスの内側で動作しているアプリから外側にあるデータにアクセスすことができない。
このため、ウイルスがアプリの外側に悪影響を及ぼすことはない。また、アプリにウイルスチェック機能を実装することもできない。

以上の理由により、iOSでウイルスに感染することは通常ない。しかし、OSのプロテクトを破るJailbreak(脱獄)をしていれば、感染する可能性はある。Jailbreakを行うと、セキュリティが弱まり、Appが許可していないAppをインストールできるようになるためだ。

これは理由とは異なるが、iOS/iPadOS向けアプリはウイルス・マルウェアチェック機能を実装している、と説明することはできない。それは、ガイドラインに以下のように記載されているからだ。

2.3.1 Appに隠し機能または提示していない機能を含めないでください。ユーザーもApp ReviewチームもAppの機能をはっきりと理解する必要があります。同様に、実際には提供されないコンテンツやサービス(iOSベースのウイルスチェックツールやマルウェアチェックツールなど)がAppに含まれているかのように表示して、App Storeまたはオフラインで販売することは許可されません。

iOSデバイスでウイルス・マルウェアの感染を心配する必要はないし、ウイルス・マルウェアチェックツールを入れる必要もないが、以下の対策は取るべきだろう。

・iOS、アプリを最新版に保つ。
・Jailbreak(脱獄)を行わない。
・PC・Macに接続する場合は、PC・Macも最新版に保ち、セキュリティ対策を行う。
・信頼できないWi-Fiに接続しない。
・不審なアプリ、プロファイルをインストールしない。

【参考リンク】
App Store Reviewガイドライン
https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/

Comments

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。