Officeの選び方

1月22日、MicrosoftからOffice 2019が一般向けにも発売された。Officeといえば、Office 365もある。

Officeには家庭向けと一般法人向けがあるが、ここでは家庭向けに絞って、どういう違いがあるのかを解説したい。

まずは、簡単に違いを表にまとめた。

  Office  365 SoloOffice Home & Bussiness 2019Office Personal 2019
ライセンスサブスクリプション永続ライセンス永続ライセンス
価格¥12,744/年¥37,584¥32,184
更新常に最新バージョンに更新可能なしなし
利用可能なデバイスWindows、Mac、iOS、Androidで 無制限にインストール可能 (同時利用は5台まで)2台のWindowsまたはMac2台のWindowsまたはMac
含まれるアプリ、サービスWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
OneDrive
Skype
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Word
Excel
Outlook

Office 365とOffice 2019で大きな違いが3つある。

1. ライセンスの違い

Office 365はサブスクリプション ライセンスであり、毎年お金を支払って利用するタイプであり、常に最新バージョンを利用することができる。

Office 2019は永続ライセンスであり、1回支払ったらずっと使えるタイプである。ずっと、と言ってもセキュリティの問題から本当に永久的に使えるものではない。2019の次のバージョンが出たら、何年かでサポートが打ち切りられ、更新パッチも提供されなくなる。そのため、次のバージョンが出て、その最新機能を使いたいと思ったら、改めて支払う必要がある。

常に最新のものを使いたい人やセキュリティが木になる人はOffice 365を選択すべきだろう。

2. 使用できるデバイスの違い

Office 365はWindows、MacだけでなくiOSやAndroidにも台数無制限でインストール可能であり、5台まで同時に利用することができる。例えば、外出していて、ドキュメントを修正したい、というときにスマートフォンやタブレットを持っていれば修正することができてしまう。

Office 2019はiOSやAndroidには対応しておらず、Windows、Macへのインストール可能台数も2台までだ。

スマートフォンやタブレットにインストールしたい場合や3台以上のデバイスにインストールしたい場合はOffice 365を選択すべきだろう。

3. 利用できるアプリの違い

PublisherやAccessはOffice 365でしか対応していない。また、OneDriveの1TBオンラインストレージやSkypeの1ヶ月あたり60分間の携帯電話や固定電話への無料通話もOffice 365にしかない。

PublisherやAccessが必要、という人はOffice 365を選択すべきだろう。

以上をまとめると、Office 365を選ぶべき人は以下の条件になるだろう。

  • 常に最新バージョンを使いたい人
  • タブレットやスマートフォンでも使いたい人
  • 3台以上のデバイスにインストールしたい人
  • Publisher、Accessを使いたい人

Comments

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。